以前の記事
2017年 03月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
フォロー中のブログ
TSUCHIYA BLOG
写鳥倶楽部
Life with Bi...
ブログ鳥達との出会い
N_BIRDERの野鳥b...


<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

フォトシティさがみはらサポーターズクラブ写真展

 フォトシティさがみはらサポーターズクラブ写真展が相模原市民ギャラリーにて行われている。もっと早く紹介しなければならなかったのだが、このところの忙しさに紛れてすっかり忘れてしまった。誠に申し訳ない。
 その写真展に今日仕事が終わってから行って来た。そこには、いつもお世話になっている方が当番としていらしていていろんな話ができた。また、そこに展示されている方々の相模川とその周辺のお祭りなどの行事や風物の写真にはすばらしいものを感じた。相模川の流れ、四季を通じた自然の営みとその周辺で暮らす人々の生活やお祭り、川と人々の関わりなど多くの自然模様と人間模様を写し留めた写真には深く感動するものがある。また、それらの写真は力強い。その写真展は、明日23日まで行われている。明日午後4時までであるが、行ける方は是非相模原市民ギャラリーへ足を運んで下さい。お知らせが遅くなったことをお詫びします。誠に申し訳ございませんでした。
 相模原市内を長く広く流れる相模川。母なる相模川に感謝しつつ私もこれからも写真を撮っていきたいと思う。相模川の素晴らしさを写真で多くの方々に伝えたい。その思いは、サポーターズクラブの方々と私の思いは同じであろうと思う。これからもこのような写真展が継続することを願っている。
a0126972_20213949.gif

[PR]
by tuyoasasiyama | 2010-11-22 20:12

写真の手応え

 このところ「撮ったぞー!」という満足のいく写真が撮れていない。相模川には根気よく通っているが、ミサゴにしてもヤマセミにしても手応えのある写真が撮れないでいる。
 気分を変えて時折海釣りに出かけたり読書にふけったりしているが、いらいらがつのる。
 このところあまり遠出をしていないが、冬休みにはどこか遠くに出かけてみたい。手応えのある写真を求めて。
a0126972_6461424.gif

[PR]
by tuyoasasiyama | 2010-11-19 06:46

秋晴れの相模川

 久しぶりの相模川。今日は秋晴れの暖かい日であった。先日見かけたミサゴのポイントに行って様子を見た。しばらくすると狙った通りミサゴが3羽姿を見せた。しかし上空を旋回してすぐ下流へと下っていった。その後も内田康夫の「恐山殺人事件」を読みながらミサゴが姿を現すのを待った。昼までに、ミサゴは何度か姿を見せたが、飛び込むことはなく上空をかすめて行くだけであった。
 場所を変えていくつかのポイントを廻ってみたが、どこもミサゴの姿を見ることはできなかった。田圃周りでタゲリが3羽来ていた。久しぶりのタゲリの姿であった。カワセミの場所ではいつものように何人かの人がカワセミを狙っていた。私は、その様子を観察しただけで帰ってきた。
 上流部から下流部まで探ってみた割には、手応えの少ない一日であった。
a0126972_2191528.gif

[PR]
by tuyoasasiyama | 2010-11-06 19:58

写真の保管管理

 「フォトシティさがみはら」も今年で10年目を迎えた。21世紀の相模原市の文化事業としてスタートした総合写真祭「フォトシティさがみはら」。数多くのプロとアマの写真家の作品を選出。その選出された方々が世界で日本で幅広く活躍している。新しい世紀2001年にスタートしたこの総合写真祭「フォトシティさがみはら」には、この10年目の節目を迎え、益々発展することを期待している。
 この10年を記念して11月15日(月)まで相模原市の市民ギャラリーで歴代の受賞者の作品展が行われている。私は、早速その作品展の会場に行って来た。この10年のプロとアマの作品の素晴らしさに改めて感動したものである。この10年の歩みの力強さを感じた。これらの作品はどれもすばらしいものであり、その作品はいつまでも残されるべきものであると強く思った。また、この期に10年記念誌を作った相模原市もすばらしい。相模原市には、改めて力があることを感じさせてくれた。
 「フォトシティさがみはら」の事業は10年目を迎え、これらまでの作品はどのように保管管理されてきたのであろうか。今回は、全ての作品の展示会ではなかったが、これまでのプロ、アマの全ての入選作品を含めると1000点は超える。
 今回、「フォトシティさがみはら」の歴代入賞者の作品を市民ギャラリーに展示していただいた相模原市には深く感謝をしている。私の作品も展示されているから。しかし、その会場に行って私の作品を観たときに私の作品が少し傷がついていたことにはいささか残念に思った。私の作品で良かったが、プロの作品やアマの他の方の作品であったらどうなのであろうか。もっと作品を慎重に扱ってもらいたいと思うのはプロもアマも同じだと思う。プリントしたものは市に寄贈したものであるならば尚その気持ちは強い。
 これまでの写真の作品を保管管理していただけることに感謝したい。しかし、それらの作品を慎重に管理していただきたい。そのためには、市の写真美術館などの設立とその専門家の配置を市にお願いしたい。なぜなら、相模原市にはすばらしいプロとアマの写真家の作品が多く保管されているのであるから。
[PR]
by tuyoasasiyama | 2010-11-01 20:26




相模川とその周辺及び各地の野鳥撮影記録と気ままに綴った私の日記です。Commentsをクリックしてご意見ご感想をお寄せ下さい。写真をクリックすると拡大画面で御覧頂けます。
by tuyoasasiyama
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
検索
その他のジャンル
最新の記事
またいつか
at 2017-03-27 10:37
相模バードフォトクラブ写真展
at 2016-07-14 20:35
ブッポウソウ
at 2016-07-06 18:50
カワセミ
at 2016-07-02 20:45
オオコノハズクのヒナ
at 2016-07-01 17:33
オオコノハズク
at 2016-06-16 07:57
セッカ
at 2016-06-09 16:46
アマサギ
at 2016-06-03 18:28
オオルリ
at 2016-05-28 11:37
オスプレイ
at 2016-05-23 21:31
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧