以前の記事
2017年 03月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
フォロー中のブログ
TSUCHIYA BLOG
写鳥倶楽部
Life with Bi...
ブログ鳥達との出会い
N_BIRDERの野鳥b...
最新のコメント
ありがとうございます。上..
by maunten at 15:08
暑い日が続いていますが、..
by tuyoasasiyama at 09:14
暑中お見舞い申しあげます..
by maunten at 16:35
えっとこちらのブログすご..
by skuna@docomo.ne.jp at 12:31
二人ともありがとう。お母..
by あさっち at 18:06
今晩は!M君です! 写..
by kiyo at 21:40
y君です. 昨日はアイス..
by maunten at 19:28
早く元気になってください。
by あさっち at 05:48
お久しぶりです。相変わら..
by もぐらもち at 14:59
相模川の座架依橋や高田橋..
by tuyoasasiyama at 06:39


第二章 アオバズクの観察記録

神社の境内

 
 春の5月頃になると、南の国からアオバズクが渡ってくる。五月の青葉の頃に日本にやってくるからアオバズクという名前が付いているのだろう。青葉の頃に渡ってくる「アオバ」。「ズク」とは、ウサギの足という意味だそうである。アオバズクやコミミズクなど「ズク」という名前が付いている鳥は、獲物を捉えるときに伸ばした足が、ウサギの足に似ているからだという。それで「アオバズク」ということか。アオバズクはインドネシアやマレーシア、フィリピなどの東南アジアで冬を越し、春になると繁殖のために日本に渡ってくるという。頭が丸い小型のフクロウやミミズクの仲間である。
 相模原市内のいくつかの神社やお寺などでその姿を見ることができる。神社やお寺の境内には、ケヤキや杉の木などの古木があり、その洞で繁殖するためである。私が、初めてその姿を見るときにはたいていが一羽だけである。その一羽は雄であることが多い。雌は洞に入っている。もうその時には、雌は抱卵しているのであろう。
a0126972_9454370.gif

 この数年、五月になると相模原市内やその近くの神社の境内でアオバズクの姿を探すことにしている。その中には、多くのバーダーや写真家が集まる場所もある。そこにも様子は見に行くことにしている。しかし、近年あまりにも人が多くなり、駐車場の問題などいろんなトラブルが起きているという話を聞く。
 それならば、他の場所でと思う。そのために、広域合併前の相模原市内のほとんどの神社やお寺の境内を探してみた。この神社にいるのだから、その近くの神社にもと思い、さんざん探し廻ったが、そんなに簡単に見つけることができるものでもない。
 アオバズクを探すためには、まず神社やお寺がどこにあるかを地図などで確認する。回る順番を考えて一つ一つ廻る。その境内では、古木の大木がないか探す。古木があればその周りの下を見てみる。白い鳥の糞や虫の羽などのかけらがないか。アオバズクの餌は、ガやカブトムシ、セミなどの昆虫である。羽をむしって体の部分を食べる。白い鳥の糞や虫のかけらや虫の羽が落ちていれば間違いなくアオバズクがいると思って良い。
 それからは、根気強くこまめにその周りの木々の間を探ってみる。アオバズクがいればたいてい探すことができるはずだが、それでもなかなか見つからないことが多い。アオバズクを探すには、こまめに根気強く神社やお寺菜の境内を探ってみることだ。そうすれば、思いがけないところでその姿を見つけることができるかも知れない。
a0126972_9461710.gif

  そのようにして探した旧相模原市内の場所でも、私が探し当てたところは数ヶ所しかなかった。 私は、その場所に毎年通い続けている。私の仲間や何人かの方は知っている場所であるが、そこには、あまり人が来ないし、管理人の方とも知り合いになり気軽に話ができるからである。
 その境内には、ケヤキの古木があり、毎年アオバズクの姿を見つけることができる。ケヤキの木にとまっていたり、すぐそばの桜の木にとまっていたりする。その姿を見つけるのもそんなに容易なことではない。五月の中旬になるとそこに何度も通ってやっと見つけるという場合が多い。やっとの思いでその姿が確認できたときは、一安心。こんな所にいたのか。今年もやって来てくれたのだねと。
 その神社の境内でアオバズクの姿を確認した後も、その近くや周辺を探してみる。毎年来ているところもあり、今年は姿がないというところもある。悲しいかな、ある年を境にしてその姿を見ることができなくなったところもある。 
[PR]
by tuyoasasiyama | 2009-07-27 06:51
<< アオバズクの繁殖 相模川の珍鳥、迷鳥たち >>




相模川とその周辺及び各地の野鳥撮影記録と気ままに綴った私の日記です。Commentsをクリックしてご意見ご感想をお寄せ下さい。写真をクリックすると拡大画面で御覧頂けます。
by tuyoasasiyama
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
その他のジャンル
最新の記事
またいつか
at 2017-03-27 10:37
相模バードフォトクラブ写真展
at 2016-07-14 20:35
ブッポウソウ
at 2016-07-06 18:50
カワセミ
at 2016-07-02 20:45
オオコノハズクのヒナ
at 2016-07-01 17:33
オオコノハズク
at 2016-06-16 07:57
セッカ
at 2016-06-09 16:46
アマサギ
at 2016-06-03 18:28
オオルリ
at 2016-05-28 11:37
オスプレイ
at 2016-05-23 21:31
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧